スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外に……?

 一部の方に好評でしたか、チビっ子ちゃん。
ロマンス好きな方にはイマイチでしょうが(かく言う私もイマイチ・笑)、少女マンガ好きな方にはうけたのかも?
予想通り「木之原先輩をもっと出して」というお声が多かったので、次に息抜きをするときは木之原編を書こうかななどと考え始めております。単純な私。(笑)
レス不要でメールをくださった方々、ありがとうございました。(^^)

さて、いよいよ12月も目の前です。
12月といえばルミナリエ。
クリスマスもあるけど、私の場合はルミナリエ。
でも今年は娘が「部活で忙しいから」と付き合ってくれません……。めそめそ。
いくらなんでも一人で行くのは悲しすぎるので、今年は行かないことにしました。
来年も行けそうにないなあ。
再来年は付き合ってくれるかな? 受験生だけど。(笑)

USJにも行きたいなーと思っています。
ハロウィンもいいけど、クリスマスの方が盛り上がりますよねー。
やっぱああいう場所は雰囲気を盛り上げてナンボでしょ!
……で、娘に恐る恐る訊いてみると、「あっ、行きたいなー!」ですって。
くっそう、USJに負けた!(←ルミナリエ)
スポンサーサイト

ありがとうございます

感想をくださった皆さん、ありがとうございます。
遅くなりましたが、レスをさせていただきます。(^^)


いいですね~♪美形に追い掛けられるなんて♪でも冷たい人も好きw 木之原先輩も参戦して欲しい!続き待ってます♪

Nさん、楽しい感想をありがとうございました。(^^)
しかし、冷たい人が好き?
……もしやMですか。(笑)

木之原は……そうですねぇ、参戦するんでしょうねぇ。
あれはあれで鈴子のことを大事にしている模様ですし。
もし続きを書くことがあれば、次は木之原編になると思います。
……書ければ、の話ですが。(^▽^;)
うふふ。(←笑ってごまかす)



ますます、ツボです!
何て素敵なんでしょう、小埜寺サン。何かもう、さん付けで呼びたい気分です(笑)

でも、自分が短所だと思っている所を、好きになってくれる人って理想ですよね。
何ていうか、自分の存在を認められた気がして、安心します。
Sさん!
最後までお付き合いくださって、ありがとうございました!

えー、ツボでしたか。
それはストーリーが? それとも小埜寺が?(笑)

短所を好きになってくれる人って、確かに安心しますよね。
最初は疑心暗鬼になるでしょうが。
私にもいつかそんな人が……。(←既婚者の台詞ではない・笑)


殿方は追いかけてナンボ!淑女は追われてナンボ!
やっぱりこうでなくては。

完結おめでとうございます。パチパチパチ!

先を想像して、なんとなく微笑んでしまいます。
時を少しずつ重ねていくことで深みも生まれて、とても素敵なカップルになるんじゃないかなー。
もちろん小埜寺君が鈴子ちゃん溺愛で。

続きはミニミニシアターで、デスよね?(←強要)
Cさんも、最後まで伴走をありがとうございました~♪
おかげさまで完結させることが出来ました。(^^)
楽しいご祝辞をありがとうございます。

小埜寺は溺愛しそうですよね。
ていうか、私の書く男性って大概そうか。あははは。
そうですねー、二人には素敵なカップルになって欲しいですね。
そんな風に想像してくださってありがとう♪

え、続きですか。
続きは藪の中……。
な感じですが。(笑)
ま、でも、忘れた頃にホイッと書いちゃう可能性はアリです。ストレス解消に。
それまでは想像豊かなCさんの脳内で思う存分妄想しておいてください。(*^▽^*)


その他、レス不要でメールをくださった皆さまも、ありがとうございました。
楽しんでいただけたようで良かったです。(^^)
また次の作品の時もどうぞよろしくお願いいたします。(笑)

完結しました

昨夜、思いの外筆が進んだので、さっさと最終話をアップしました。
失敗作臭がぷんぷんしてますが(笑)、これにて完結です。
次はやっぱりロマンス系を頑張ろう。うん。

では恒例のメールフォームレスでございます。(^^)


小埜寺くん、動きましたな。

断然鈴子側で生きている私としましては、小埜寺くんの気持ちの半分も理解できているかどうか怪しいですけど、自分ではどうしようもない部分で勝手に想像されてしまうのはやっぱり気分が悪いだろうなあ、とぼんやり思いました。

しかしながらもし自分が鈴子だったとしても、やっぱり同じ事をして相手を傷つけちゃうんだろうなあ。
だって、こう書いている今だって、ハンサム君から告白される「妄想」は抱けても実際告白される現実はちーっとも想像できない。ミクロ単位でもあり得ないと断言できます!

そっち側の気持ちもわかってよ!なんていうのは第三者だから言えるのであって、しかも大学一年生で理解してるのもオトナすぎてイヤかも。

小埜寺くん、私の中では「イイオトコ」予備軍ですから。ぜひ次回「イイオトコ」っぷりの片鱗を!乞う!
一部省略して転載いたしました。
Cさん、いつもありがとうございますー!
ようやく「レス要」にしてくださって嬉しいですわ。(笑)

ええ、そりゃもう私も美しい殿方の気持ちなんぞわかりゃしませんが。(笑)
きっとこんな感じなんだろうなあと思って書いております。(^m^)
でもそうですよ、普通の女の子なら、反応は十中八九ああなりますよねえ。
平気な顔で「いいわよ」なんて言えるのは余程自分に自信のある美人さんで。
そんな主人公、面白くも何ともありゃしない。(笑)

というわけで、とにかくこういう子には圧しの一手!
と学習した小埜寺の行動はどうでしたでしょうか。
Cさんのお眼鏡にかないましたか?
最終回の反応が怖いわー。(笑)

それと、南極料理人はとにかく笑いました。
映画館なのでかなり我慢しましたが、それでも笑いました。
今はもう映画館ではやってないと思うので、DVDになったら是非見てください!
気になっていたというCさんならきっと楽しめるはず!
もしご覧になったら、また感想を聞かせてくださいね~。(^^)



大変ですじゃん!急展開ですじゃん!

私も穏やかに話す男の人、好きですよ~とか思っている場合ではない展開に…。

見た目が良すぎる男の人も苦労するんですねぇ。。
でも、この山場があってこそのハッピーエンドですもんね☆
頑張れ、小埜寺くん!!
こんにちは、Sさん。
こちらもいつもありがとうございます♪

そうなんです、急展開なんです。
だって短編だし。(笑)

ねー、穏やかに話す男性っていいですよねー。
なんだか安心します。
でもだからって草食系男子ってのはどうよと思いますが。(笑)

小埜寺、頑張りました。
というか頑張らせました。
あやつはきっと肉食系のはずなので。
ピューマのように姿勢を低くして、餌(鈴子)が射程範囲内にやってくるのを舌なめずりして待っているのですわ。
ふふふ。楽しい。(邪悪な笑み)

よろしければまた感想を送ってくださいね~。
お待ちしておりまーす。(^^)

ようやく3話

 昨夜遅く、日付が変わった頃にアップしました。
なんか、最近少女マンガをたくさん読んでいるので(四十路女がそんなことでいいのか!)、ストーリーがベタな少女マンガっぽくなってしまってます。
その反動か、次はロマンス系を書きたい気分に。
途中で止まってしまっているロマンス作品が2つあるので、それを頑張ろうかな……。

では、メールフォームのレスです。(^^)
まずは桃李(←とうりと読みます。またもや中国の故事から題名をつけたので・笑)2の感想から。


葉くんだなんてぇ~~!!
私、一文字の名前の人に弱いんですよね…。またまた、みつきさんにヤラれました(笑)
葉くんと木之原くん…ツッコミ上手な木之原くんも捨てがたいですが、綺麗な顔には勝てません。
Sさん、いつもありがとうございます~。(*^▽^*)

えへへ、私も一文字の名前が好きなんです。
女の子は「子」のつく名前が好きなんだけど。(^^)

で、実は木之原も一文字の名前です。
暴露すると、一番最初に思いついたのは、木之原の名前なのですヨ。
いつもならヒーローの名前はどこからかパキンと思いつくのですが、今回は思いの外苦労し……。
なのに脇役であるはずの木之原が一発で決まってしまったのですね。
こんなことは非常に珍しいのです。
とまあこういう事情もあって、なんだか木之原もヒーローっぽくなっちゃったのかもしれません。

うふふ、それでもやっぱり綺麗な顔に軍配が上がるのですね。
よしよし、やっぱり初志貫徹か。(笑)

あと少し。頑張りまーす♪


次は3話です。


いきなりの急展開!?
…でも、私も夫さんと付き合うようになったのってこんな感じだったかなぁなんて思い返してました(笑)
次回が気になります!!!(><)
上記とは別のSさん、こちらもいつもありがとうございます♪

いやーん、のろけられちゃったー。(笑)
そうですか、Sさんはまさにこんな感じで旦那様とラブラブになられたのですかっ。(鼻息が荒い・笑)
よろしいですなー、新婚さん。
いつまでも仲良くね。(^^)

4話はちまちまと執筆中です。
なんか、どこにたどり着けばいいのって感じで困ってますが。(笑)
うーん、とにかく頑張ります。(^_^;)

あ、レスは是非とも「要」にしておいてください。
前にも言いましたが、レスするのは好きなのです。
ただ、ついついため込んじゃいますが。(笑)
こちらこそいつもお待たせして申し訳ないですー。
これに懲りずにまた送ってくださいね。(^^)


レス不要で送ってくださった方々、いつもありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いしますっ。(←また鼻息が……笑)

長くなっちゃった

やっぱり、と思ってらっしゃる貴女、ええ、その通りです。(笑)
あと少し、もう少し……と書き進めているうちに、なんだか長くなってきました。「桃か李かチビっ子か」。
やれやれ。短編とはよほど相性が悪いんですねえ。
短編書きの皆さま、尊敬いたしますわ。(^_^;)

というわけで、中途半端な第3話は近いうちに公開できるかもです。
あまり期待せずにお待ちください。(^^)

そうそう、娘は無事に全快し、明日から普通に登校する予定です。
土日祝日の関係で、学校を休んだのは結局、月曜日の1日だけ。
しかもその日は模試のみだったので、学業にはほぼ影響がないという奇跡的なスケジュールでの出席停止となりました。
なんて運のいい子。(笑)
中間試験中に休んだ子達は、「見込み点(←前回の試験で取った点数の8割とかなんとからしい)」などという恐ろしい制度の餌食になっていたようなので、本当に運がいいとしか言いようがありません。
ありがたいことです。(-人-)
あとは親にうつっていないことを祈るばかり……。

さて、では一言メールのレスです。


ヤバイデス!!!激ツボでございます!木之原先輩vv(>▽<)vv
今後の男同士の戦い(?)が楽しみです♪
あらー、Sさんまで木之原派に?
でもそういう方は3話で肩すかしを食うかも……。
戦いがあるのかないのか、それは私にもまだわかりません。(笑)
毎回感想をありがとうございます。
Sさんからのメールを励みに、頑張ります!(*^▽^*)

あと、レス不要でメールをくださったCさん。
一つだけ「そうだよね」と思ったので、コメントさせていただきます。

やっぱり高校生と思ってらっしゃいました?
いやー、そうかなあとは思ってたんですよー。
良かった、大学生設定なら違和感なくて。(笑)
Cさんも毎回ありがとうございます。
楽しい感想なので、いつもニヤニヤさせていただいてます。
次回もどうぞよろしく~。(笑)

他にレス不要でくださった皆さんも、ありがとうございました!
皆さんの感想は、ワタクシの糧でございます。
久々のエンドマークを目指して、頑張りま~す。(*^▽^*)

プロフィール

みつき

Author:みつき
京都府在住の主婦です。
サラリーマンの夫と社会人の娘の三人暮らし。
趣味でロマンス小説を書いています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © みつき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。