スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

象の背中

久しぶりに友達と映画を観に行ってきました。

でも、休みが合ったので、いざ!と思ったら、観たいと思っていた映画は全て終了……。

あれもこれもそれも観ることができないまま上映が終わってしまった、とショックを受け、じゃあ何を観ようかとあれこれ検討した結果(←目当ての映画がなくてもとにかく観る!笑)、「象の背中」を観ることにしました。

……が。

うーん。あまりにもキレイすぎましたね。お金持ちの美談というか、男に都合の良すぎる展開というか。

とにかく現実味があまりにもない。なさすぎる。

若い頃はそれでも感動したかもしれませんが、この年になると現実というものが骨身にしみてわかっているだけに、これはちょっと……という感じでした。

少なくとも女性が考えたものではないよね、と思っていたので、最後のエンドロールに「原作・秋元康」と表示してあるのを見て、ま、ある意味納得というか。さもありなんというか。友達と二人で、「何もかもがキレイすぎて全然感情移入できなかったね」と言いながら帰ってきました。(^_^;)

次は楽しい映画が観たいなぁ。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://mromance.blog.fc2.com/tb.php/452-cfacb2d6
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

みつき

Author:みつき
京都府在住の主婦です。
サラリーマンの夫と社会人の娘の三人暮らし。
趣味でロマンス小説を書いています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © みつき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。