スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイ小説

だいぶ前からちらほらと「携帯で読めるようにしてもらえませんか?」というメールをいただいていたワタクシ。

だけど携帯用のサイトを改めて作るなんて、そんな根性はどこを探しても無く……。

仕方がないので、今のサイトをなんとか携帯で読んでくださいとお返事しておりました。

ええ、不精者です、本当に。



話変わって、うちの娘が最近携帯小説を読み始めました。

聞くと、魔法のiらんどとかいうところのを読んでいるらしい。

名前だけは聞いたことがあったので、「ふうん、面白いの?」と訊いてみると、面白いとのお答え。

それで興味が出て、サイトをのぞいてみました。

そしたらなんと、サイトを自分で作るのではなく、登録すれば誰でも簡単に作れますと書いてあるではないですか!



あら~、発表済みの作品をコピペするぐらいなら私にもできるわよ~、と思い、登録してみました。

だけどやっぱり携帯小説、普通の小説形式では読み辛そう……。



というわけで、今は試行錯誤の段階です。

とりあえず「青天の霹靂」を少しずつコピペしてますので、それが完成したらトップページで告知しますね。

で、こちらのお客様の反響が良ければ他の作品もやってみようかと。



え?

そんなことやってないでさっさと作品を書け?

ハイ、ごもっとも。

携帯の方は片手間にやるように致します。(笑)

Comment

2009.02.26 Thu 00:22  |  No title

JUNさん、こんばんは~。(*^▽^*)

ついにロマンス小説を書き始められたのですね!

楽しみにしてますので頑張ってください~♪



日本はなんだか変な気候です。

ちょっと前に初夏のような陽気になり、すぐにまた真冬に戻り、今は平年より少し暖かめでしょうか。

二月といえば一番寒い時期なのですが、そうでもないようです。

やっぱり温暖化の影響なのかなあ……。(ーー;)



ハイ、娘は中学生です。(^^)

でも、携帯小説で文章を読むようになったおかげで、最近は普通の文庫本も読むようになりましたよ。

この間は、私の好きな東野圭吾さんの本を貪るように読んでおりました。

受験生なので、逃避という面もあるのでしょうけどね。(笑)

そうそう、気軽に読めるし、タダだし、主人公の年代が近いしで、娘ぐらいの年頃の子には読みやすいのでしょうね。

私のようなオバサンには読めませんけど。(笑)



コピペ、思ったより大変です~!(>_<)

あんな短編が膨大な(←大袈裟?笑)ページ数になるし、目次の見栄えを良くしようと思ったらサブタイトルみたいなものも入れなければならないし……。

オサレな携帯小説を書いてらっしゃる皆さま方、尊敬しますわ。(笑)



まあでも、試しに自分の携帯で画面を見てみましたが、ああいう小さい画面だとこちらの方が圧倒的に読みやすそう。

最近は通勤時間に携帯で小説やマンガを読むという人が増えているそうですし、うちの読者様方にもそういう便利さを提供できるものならしていきたいと思います。

暇を見てちまちまと頑張りますわ~。(*^_^*)



ありがとうございました!

  • #79D/WHSg
  • みつき
  • URL
  • Edit

2009.02.25 Wed 08:43  |  No title

みつき様



お元気ですか?

日本の冬は、まだまだ寒そうですが・・・。



さて、携帯小説!!

すごーい!やっぱり今は、そういう時代なのですね。

お嬢さん、中学生さん?

本より、携帯の方が面白いのですねぇ~。

と、言うか気軽に読めるのがいいんでしょうか?

タダだし!(笑)





携帯サイト、頑張ってください!

コピペも結構大変ですものね・・・。



では!また、お邪魔します。

JUN

  • #79D/WHSg
  • JUN
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://mromance.blog.fc2.com/tb.php/501-51145b7e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

みつき

Author:みつき
京都府在住の主婦です。
サラリーマンの夫と社会人の娘の三人暮らし。
趣味でロマンス小説を書いています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © みつき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。