スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには真面目に日本語の話

先日、娘が見ていたアニメを横で何気なく見ていたときの話。
あるキャラクターが、「水を得たサカナだなー」と言ったので、ついポロリと「ウオやけどな」と突っ込んでしまったのです。
そうしたら娘がものすごいびっくり眼で、
「えっ、うそ、あれサカナとちゃうん!?」
と言うので、
「いやいや、あれはウオやから」
と答えたにもかかわらず、信用されず……。
仕方がないのでネットで調べて見せてあげました。
それでようやく信じてくれたわけですが(なんでそんなに疑うのか、そっちの方が信じられない・笑)、そのときの娘の反応は。
「えー、これ、うちの年代でウオって読む人いーひんと思うー」
ですって。
それはただ単に、文系科目が苦手やしちゃうの? と突っ込んでみたものの、まあそういうこともあるかもね、と。

ついでにと思って、魚心あれば水心もサカナゴコロって読むの? と聞いてみたら、それはきちんとウオと読んでいるらしいです。
なんだろう、この使い分け……。

それをきっかけにあれこれ調べていたら、魚という漢字は、昔はサカナとは読まなかったらしいですね。
昭和48年の当用漢字音訓表で初めて表記されたものらしいです。
それまでは「うお」と「ギョ」のみ。
サカナという読みは、もともとは酒のサカナからきているそうで、酒に合う食べ物としてのつまみが、魚類が多かったから……という由来だそうな。

言葉は生きている、とはよく言われています。
まさしくその例なんだなーと思いました。
ちなみに、「魚心あれば水心」も、もとは「魚、心あれば、水、心あり」という言葉がくっついたものらしいです。
だから「水を得た魚」も、そのうち「サカナ」と読むのが正解になる日が来るかもしれません。

余談ですが、その夜仕事から帰ってきた夫に、昼間こういうことがあってなー、と笑い話として聞かせると、なんと夫も「え、あれってサカナとちゃうん?」と……。
えええええ???
アナタ「さかな」という読みが初めて出てきた時、中学生だったはずですよね!!(@_@)
なぜ知らないんだーーーーー!!!

呆気にとられてしまった私でした。
チャンチャン。

おあとがよろしいようで。m(_ _)m

Comment

2014.09.19 Fri 11:23  |  ナルホド!

今回は実に真面目なお話…。
そして、私の中で若干のカルチャーショックが(笑)

昭和 48年…私はまだ産まれる予定すらない年ですが。。
私はずっと「ウオ」で育ってきましたヨ(´・ω・`)

…嫌だ、実は私、年齢サバよんでた??(笑)


うぅむ。。オカンの影響カシラ。


それにしても、日本語は不思議な言語ですよねぇ。
「ひらがな」と「カタカナ」と「漢字」があって。
「漢字」には「音読み」と「訓読み」があって。「常用外」もあって。

情緒はあるけど難しい…

でも、難しいけど意外と楽しいもんですね★


私の場合、生粋の日本人ですが、怪しい日本語しか操れないので…このまま人生を全うしますよ~(笑)

  • #-
  • さと
  • URL

2014.09.26 Fri 19:47  |  さとさんへ

さとさん、こんにちは~。
お返事が遅くなってしまってごめんなさい!
あれこれバタバタしていたら、1週間も経ってしまった!(@_@)

いやいや、さとさん、きちんとウオと読んでいらっしゃること、素晴しいですよ!
お母様の教育がいいのか?
いや、さとさんが読書家だからだと信じたい。
みんな、本を読もう! 特にうちの娘、家に山ほど本があるんだから、たまには読もう!(号泣)

日本語って楽しいものだと私も思います。
文字もそうですが、言葉自体にも幾通りもの使い方や表現方法があって、それがまた難しいけど美しい。
書いているとき、よく類語辞典で「こういう意味の言葉を使いたい」と調べているのですが、その言葉数の多さにいつも圧倒されます。
よく聞く言い回し、初めて見る言葉……。
へえー、とか、ほおー、とか、さてどれを使ってやろう、とか。
楽しいですよ~。
ま、そんなことしてるから書くのに時間がかかるんですけどね。(笑)

最近はネットの辞書サイトでちょちょいと調べられるので、だいぶ便利になりました。
でもやっぱり憧れは広辞苑。
高くてなかなか手が出ませんが、いつか手に入れたいアイテムです。(^^)

  • #-
  • みつき
  • URL

2014.10.02 Thu 10:51  |  

みつきさん、10月になりましたねぇ★
下期が始まり…上期の締め作業に忙しい私です。
もうすぐ寒くなるのかぁ…。。冬眠したい(笑)

さて。
私の年齢サバよみ事件(笑)は、読書と母の教育のお陰ということで、解決とさせてください( *´艸`)

確かに、小さい頃から趣味は読書と昼寝といった感じでしたねぇ。。
そして、小学生の頃から「アナタの日本語はおかしい」とか、「その言い方だと通じない」とか、母にはよく言われておりましたヨ。
夏休みの宿題の読書感想文も、母のチェックが入ってましたし…。


それにしても、みつきさんも書く時には色々調べてらっしゃるんですねぇ。ナルホド!
みつきさんの言葉のチョイスは、私的にはかなりツボなので、読んでいて凄く楽しいです★

うふふ(*'▽')

そういえば今回の「ウオ」問題、私の中では
「柏木菜津子嬢の勘違いを甲斐将人氏が指摘して、関西弁で反論されるの図」
が浮かびましたヨ(笑)

  • #-
  • さと
  • URL

2014.10.14 Tue 22:04  |  度々すみません

ぎゃ! また激遅レスに!
すみませんすみません(>_<)
いつの間にやらもう10月も半ばです(@_@)

私も娘のミョーな日本語を聞くたびに注意はしてるんですけどねぇ。
国語が苦手な我が娘、きっとさとさんとは出来が違うのでしょう。
でも、さすがに宿題のチェックまではしてなかったな。(笑)

書くときは調べますよー。
昔、今みたいにネット辞書がなかった時代は、机の上に数種類の辞書とパソコンを開いて書いてました。(^^)
だからある程度のスペースが必要だった。(笑)
今はよほどのことがないと紙の辞書は開きませんね。
あっちの方が本当はいいんだけど、ネットの方が便利で。

言葉のチョイスがツボと言っていただけて嬉しいです。
ありがとうございます。(^^)
これからもそう言っていただけるよう……とか言う前に、まずは何か書けって話ですね。すみません。(笑)

「ウオ」問題、さとさんの脳内ではWPシリーズに変換されたんですかー。
それは多分、娘と私の会話が関西弁だったからなのではないかと。
なっちゃんはきちんと「ウオ」と言っているに違いない!
と思いたい!(笑)

  • #-
  • みつき
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

みつき

Author:みつき
京都府在住の主婦です。
サラリーマンの夫と社会人の娘の三人暮らし。
趣味でロマンス小説を書いています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © みつき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。